shabby chic days

人生後半の暮らし〜シャビーシック・エイジの生き方〜

怪我の経緯(右上腕骨頚部骨折)

怪我の経緯(右上腕骨頚部骨折)

今日は半年前の怪我について書こうと思います。

 

怪我(骨折)した理由

本当にお恥ずかしいのですが、全くもって自分の不注意です。

朝、和室の雨戸を開けようと暗い室内を進んでいったら、足元の荷物につまづいて倒れました。

たまたまいつもは何も無い場所に荷物があった、という不運もあったのですが、寝ぼけていたせいで、咄嗟に前に手が出なかったんですね。

その時に部屋干し用のパイプラックも一緒に倒してしまい、それが肩先を強打し骨折してしまいました。

手が前に出なかったことで、もう全身で倒れてしまったんです。

骨折

家の中での事故による怪我は多いと聞いてましたが、自分がそうなるなんて。

後悔というかショックというか・・・

しばらくは思い出したくもなかったんだけど、半年経ってようやく文字にすることができました。

肩の骨って、人間の骨の中でも大きい方なんですね。もう、あまりの痛さに気を失いそうでした。

ここで一旦広告です

 

はい。

今まで何故骨折したのかを明らかにしていなかったので(←忘れていた)まずはそれから記事にしようと思い書いてみました。

 

住宅内の事故が多い

国民生活センターによると、20歳以上の事故件数のうち、住宅内で起こった事故が全体の7割を占めています。

それだけ家の中での事故は多いんですね。

転倒 

特に高齢者になる程、怪我は寝たきりに直結しやすくなります。

足の怪我ではなくても、一週間病室のベッドで寝ていただけで、その後まずは歩くことからリハビリを始めなければならないお年寄りを、私も入院中に嫌という程見ました。

本当に一週間で歩けなくなるんだな、とあらためてビックリしました。

 

私もこれからは細心の注意を払って毎日を送らなければ。

もう手術も入院も懲り懲りなんで(^^;;

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ