shabby chic days

人生後半の暮らし〜シャビーシック・エイジの生き方〜

一晩経つと恥ずかしくなってエントリー出来ない

ブログの内容が一晩経つと恥ずかしくなる問題

こんにちは、花水木です。 

すごい勢いで記事が書ける時があります。

 

どんどん文章が頭の中に湧いてきて

キーボードを叩く指も滑らかに

書ける、書けるぞー!誰(^_^;)

って。

jumppanda


記事を作成し終わったあと

めっちゃいいのが書けた!って

 

すごい達成感。

happy panda


 

  

でも一晩経って読んでみると

 

pcpanda

 

 

何だこれ、何書いてんだこのおばさん。

 

恥ずかしいーーーー

 

gaaaan!



冷静になった自分がいます。

 

 

最近だと

shabbychicdays.hatenablog.com

とか

shabbychicdays.hatenablog.comとか。

二連続で恥ずかしがっております。

 

日本人のハワイ好きを検証の記事は、2、3日前には書きあがっていたけどなかなかエントリー出来ませんでした。読み返すと日に日に恥ずかしさが増してくるんです。

 

Stingはあえてあまり読み返さないようにしました。こっちの方がエントリーを諦める確率が高そうだったので。

でもStingに沢山ブクマやコメントいただけて嬉しかったです。ブログやってこんなに嬉しかったのは初めてじゃないかと思うくらい(笑)なのでいつもより多くコメントにスターつけてます。ありがとうございました!

 

せっかく一生懸命作成した記事をエントリー出来ないのは労力とかかった時間がもったいないですよね。何か対策はないのか調べてみました。

 

 

夜書いた手紙は出すな

昔から言われていますが、今だったら「夜書いたメールは出すな」でしょうか。「夜書いたラブレターを出すな」なんて言い方もありますね。

夜に書いた文章を翌朝見直してみると、とんでもなく気恥ずかしさを感じるということのようです。

 

夜に恥ずかしいことを書いてしまう理由

これは自律神経が関係してるそうです。

自律神経には交感神経副交感神経の2種類があります。

交感神経・副交感神経

昼間は交感神経が優位に働き、夜になると副交感神経が優位に働きます。

副交感神経が夜に恥ずかしい文章を書かせてしまいます。

なぜかというと、副交感神経は理性より感情や感性を優先するメカニズムになっているからなんですね。

朝になると交感神経が働き始めるので脳が活性化します。午前中が勉強や仕事に向いているのはこのせいです。

脳が活性化して判断力が上がった時間に昨夜の文章を読むので、恥ずかしくなったりテンションの違いに違和感を感じてしまうのです。

 

夜に書いた文章は朝見直した方がいいのか

ハウツーものや正確な情報を載せる際は間違いがないかチェックが必要だと思います。あまりにも感情のままに書き過ぎたかな、と思った時もちょっと冷静になるほうがいいのかもしれません。

でも感動や情熱を伝えたい時はそのままの勢いがある文章の方が読み手に伝わりやすいですよね。冷静になって書き直したら面白いものも無難な印象になってしまうかも。

 

あとがき

せっかくブログをやっているんだもの、自分が好きなことや書きたいことをエントリーして楽しみたいですよね。

そもそもブログをやっていること自体が恥ずかしいことなのかもしれないです。以前「え〜ブログやってるの?私恥ずかしくて絶対ブログとか出来な〜い」と言われたことがあるので(笑)

~ 結 論 ~

開き直ろう

 

今日もお付き合いいただきありがとうございました。
 

イラストAC 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ